コーチングの3大原則・自立型学習塾・ショウイン:多治見市個別指導|小学生、中学生の塾、個別指導、自立学習のことなら、多治見市の多治見松陰塾へ。

お知らせ&キャンペーン

コーチングの3大原則・自立型学習塾・ショウイン:多治見市個別指導


コーチングとは、質問を通して相手の中にある回答を引き出す、ということをまずご理解いただけたと思います。ここでコーチングの3大原則をご紹介します。

答えは本人(子ども)が持っている。
本人は問題を解決する能力を持っている。
本人から答えを引き出す過程がコーチングである。

この3大原則に沿ってコーチングを行えることができれば、あなたも立派なコーチ役と言えます。でも、具体的に何を質問すればいいのか…と思う方もいるでしょう。コーチングの「マジックワード」は次の三つです。

なるほど(受け入れ)
何をすればいいと思う?(問いかけ)
○○なら大丈夫だよ(励まし)


基本は「何をすればいいと思う?」を連発すること。そして「なるほど」と受け入れ「大丈夫だよ」と励ます。コーチングの基本テクニックは、これだけでよいのです。あとは最後にひとひねり「いつごろまでに、何を、どこまでできるかな」と目標達成までの期日を考えさせ、決定させれば大成功です。

ICT学習
どのように会話を進めるのか、モデルケースを見てみましょう。
「○○は何をしたらよいと思う?」(問いかけ)
「なるほど」(受け入れ)
「良いアイデアだね」(励まし)
「そうすると、こういう問題が出るかもしれないよね?」(別観点)
「それについては、どう考えたら良いかなあ?」(問いかけ)
「なるほど、その通りだね」(受け入れ)
「いい案だ。それじゃあ○○の考えた通りで行こう」(励まし)
「じゃあ、いつまでにできるかな」(問いかけ)
「わかった。期待しているよ」(受け入れ・励まし)


如何でしょう。「質問」から始まり、それに対する相手の回答を「なるほど」と受け入れ、励ます。問題点があると思えば、それを指摘し、さらに「質問」していく。この繰り返しです。


特に「受け入れる」「励ます」の部分が非常に重要です。


逆に「でも…」「それは…」「絶対…ない」などの否定的な言葉は、口にしないようにしましょう。そして「ダメじゃないの!」を「○○は何をすれば良いと思っているの?」に言い換えてみましょう。

「ちっとも、やらないんだから」「△△をしなさいって言ったでしょう!」を「いつ頃までに、何をどこまでできると思う?」に替えるのです。最初のうちは努力が必要かもしれません。否定的な表現がどうしても出てしまう場合は、機械的に「なるほどね」を連発することです。


外部から強制された言葉は苦痛を伴います。しかし、自ら選択した行動は、人間をハッピーにします。「変なこと約束しちゃったなあ!」と思っても、命じられた時のように苦にはならないものです。同じ行動をとっていても、それに至るまでのプロセス違いで、精神状態や意欲に雲泥の差がでます。

デジタル夢中
以上、松下村塾のつくりかた
著者:田中正徳より抜粋。

吉田松陰
多治見市完全個別指導学習塾
多治見松陰塾
多治見市白山町4丁目7−1
遠藤ビル2階
塾長:林泰成(はやしやすなり)

人と異なることを恐れてはならない

現代に蘇る松下村塾吉田松陰

多治見市個別学習塾

アクティブ・ラーニング

ICT教育による完全個別指導

自立学習塾 21世紀型学力

「わかる」を100%に!

多治見松陰塾

パソコン専用ホームページへ


前のページに戻る。

「かんたん」パソコンでもスマホでもOK!24時間体験授業予約「3STEPで予約完了!!こちらをClick!!
↑