自立させる 自立型学習塾:多治見市個別指導|小学生、中学生の塾、個別指導、自立学習のことなら、多治見市の多治見松陰塾へ。

お知らせ&キャンペーン

自立させる 自立型学習塾:多治見市個別指導

 

「子どもの教育に自信が無い」

という母親の声をよく耳にします。

 

核家族化が進み、物資に恵まれ

情報があふれている現代。

 

どう教育していけばよいのか?

その方法も混沌としているのかもしれません。

 

とはいえ

教育には昔から変わらない不変の目的があります。

 

それは

「子どもが自立できるようにしていくこと」です。

 

 

日常生活を通して

子どもは失敗することを経験します。

 

そこで

「子どもに失敗させたくない」

という親心から

親は自分の失敗した経験や情報をすべて

子どもに与えようとします。

 

 

しかし

伝わるのは言葉の情報だけで

体験までは伝わりません。

 

本人が身をもって体験しないと

わからないこともあります。

 

 

たとえば

自転車の運転を覚えるにも

口で説明するだけでは、

れるようになれません。

 

教える親も

何度か転んで体で覚えてきたはずです。

 

ある程度、コツを教えることで

乗れるまでの時間が短縮できたとしても

言葉だけで経験をすべて伝えることはできません。

 

 

本当に子どものためを思うなら

最後まで助けないことです。

 

自転車であれば

転んで小さなケガをさせながら

大きなケガをさせないコツを教えることです。

 

 

兄弟喧嘩も無理に途中でとめないこと。

喧嘩をする中で

収め方、謝り方、ケガをしない方法などを

自分たちで覚えていきます。

 

 

失敗を経験しなければ

教えた知識は、いつまでも役に立ちません。

情報と失敗した体験がペアになってこそ

子どもの自立が

確立されていくのです。

 

 

以上、【松下村塾のつくりかた

著者:田中正徳より抜粋。

 

 
【子育て→【子育ちとは?
 
教育コーチング・日本青少年育成協会より引用)
 
【生きるとは?
 
先生方は、まずこちら
 
教育コーチング・日本青少年育成協会より引用)

前のページに戻る。

「かんたん」パソコンでもスマホでもOK!24時間体験授業予約「3STEPで予約完了!!こちらをClick!!
↑