2020年教育改革【受験のCBT方式】とは?自立型学習塾:多治見市個別指導|小学生、中学生の塾、個別指導、自立学習のことなら、多治見市の多治見松陰塾へ。

お知らせ&キャンペーン

2020年教育改革【受験のCBT方式】とは?自立型学習塾:多治見市個別指導

文部科学省が2020年までに、全国の公立小中学校に於いて、9教科の教科書をアナログの紙からタブレット一つにする!と宣言していることは、皆さんもすでにご承知の通りですが、入試の出題形式や記述方法もデジタル化します。

 

 

多治見松陰塾では、タブレットやデスクトップパソコンを導入し、すでにデジタル学習を展開しています。そして21世紀型学を育てています。

 

 

2020年の教育改革では各教科別に知識を問う問題から各教科の区別が無くなり、総合的な学力を問う問題へと変わります。

 

 

その受験方法は筆記形式・マークシート方式からCBT方式になります。

 

 

CBT方式とはComputer Besed Testingの略です。つまりりコンピューターを利用して受験する方法です。

 

 

そうなるとコンピューターで解答を入力するわけですからfrownパソコンやタブレットの入力操作に慣れておかなければなりません。モニター上で文章を読み、画像を操作し、自在に思考したり、メモをしたりするトレーニングも必要になってきます。

 

 

学校現場でも、全生徒にタブレットを配布したり、電子黒板を利用したりするなど、2020年の改革に向けて準備を進めている学校が増えてきました。今や教育のICT化の流れは無視できない状況になっています。現在の中学1年生が大学受験を迎える時には、確実にCBT方式の受験となります。

 

 

多治見松陰塾では、ただ単に教科書の知識を丸暗記する勉強でなく、すでにCBT方式を見据えたテスト対策や授業運営をしています。

 


前のページに戻る。

「かんたん」パソコンでもスマホでもOK!24時間体験授業予約「3STEPで予約完了!!こちらをClick!!
↑