成績が伸びないのは?自立型学習塾:多治見市個別指導|小学生、中学生の塾、個別指導、自立学習のことなら、多治見市の多治見松陰塾へ。

お知らせ&キャンペーン

成績が伸びないのは?自立型学習塾:多治見市個別指導

成績が伸びないのはどうしてでしょう?

showin2

それは単なる【詰め込み】だからです。

かつて学力低下が問題視され「ゆとり教育」廃止。対策が講じられたのは単に学習量の増加。その為、授業数が増え、先生は忙しくなり子どもと向き合っている余裕が無くなりました。学力を高めるのに単純に学習量だけを増やして解決になりますか。思考力や判断力、表現力を高めることではないでしょうか。

単なる詰め込みでは、たとえ一時的に理解したり覚えたりしても忘れてしまいます。ノート学習も、ただ書き写しているだけ。自分なりに自分の言葉で工夫した楽しいノート学習ができていないからです。宿題も多くの量を与えることで学力が向上するかもしれませんが、多くの量をこなそうと漢字の書き順がいい加減になったり、面倒くさく崩れた漢字のまま書いてしまったりと、やっつけ仕事になりがちです。宿題が多くて勉強嫌いになることも…。未だに日本の教育には詰め込み教育、家庭に押しつけの宿題教育が目につきます。

20140802_153804

単に知識を詰め込んでも、思考力や判断力、表現力が育たないので、ストレスばかりが溜まっていきます。乳幼児→児童→生徒→学生の間に、せっかく思考力や判断力、表現力が著しく伸びるのに、ただ単に知識を詰め込むだけでは空しい時間が過ぎていきます。これまで日本は「根性」だの「精神力」だの、詰め込んだり、押し付けたり、力づくで何でも通用する傾向がありました。もう、そんな時代ではありません。それまで通用した指導でも、いつまでも通用することはありません。

20140731_103250

時代の目まぐるしい変化によって世の中も大人も子どもも、様々な現象がどんどん変化しています。その変化に対応できる大人であり、子どもでなければなりません。著しく変化する世の中に対応できる思考力や判断力、表現力などの力をつけていかないと安定した学力も定着せず、テストの点数は伸びません。また将来、社会人になっても詰め込んだだけの知識は、職場では通用しないので困ってしまいます。

20150622_204912

職場で通用するのは、発想力・論理力・表現力・批判的思考力・グローバルなコミュニケーション能力なのです。これらの力を身につけるには、楽しく自発的に勉強できる自立学習、自ら効率よく次々と課題を解決していける効果的なICT教育が必要不可欠です。さらに常に集団と同じペースでなければならないという環境ではなく、安心して自分のペースでじっくりと学習できる環境が極めて大切なのです。

人と異なることを恐れるな(吉田松陰)

20150622_204906


前のページに戻る。

「かんたん」パソコンでもスマホでもOK!24時間体験授業予約「3STEPで予約完了!!こちらをClick!!
↑